真っ黒な髪に憧れる

日本の女性の伝統は、漆黒のような黒髪でした。全世界的に見ても「日本女性の髪のイメージ」はまっすぐのストレートで真っ黒であるようです。
しかし、日本の女性は髪を染めることがオシャレになりつつあります。

後姿はまるで外国の人のような色にしている人もいます。

髪を染めるということは、そのたびに髪に大きなダメージを与えていることを認識しているのでしょうか。
一旦髪のキューティクルを全部剥がしたところへ発色する成分を入れ込むことで、髪に新しい色をつけます。

この作業が髪を傷めないわけはないのですが、それでも染めて色を変えたいのが女心でしょう。

また、周期はだいたい2ヶ月に一回が平均のようです。
頭頂部に自分に本来の髪の色が出てくることが気になってまたカラーリングしてしまいます。

カラーリングにも方法がある

カラーリングにも方法があって、美容院で染めてもらう方法と自宅で自分で染める方法があります。
薬剤の仕組みはまったく同じなのですが、それぞれの薬剤の質と強さは多少違ってきます。

キューティクルの剥がし方が弱ければ染めが悪くなるので、一般の市販品では素人が塗っても綺麗に染められるような1剤・2剤になっています。
そこだけが違うために、自宅でのカラーリングは髪を傷めるといわれるのです。

度重なるカラーリングのために薄毛に悩む女性が増えてきています。
きつい薬剤を長期連用することで、髪自体の力もなくなるのですが頭皮にも大きなダメージになっています。
薬剤を塗って洗い流すのですが、それが完全に汚れ落ちしないのが自宅でのカラーリングです

美容院では美容師さんが洗ってくれるのと、丁寧に洗ってくれることで薬剤が残ることは少ないのですが自宅で染めた場合に頭皮が色がついてしまった経験のある人は多いとおもいます。
その頭皮についた薬剤は、毛穴の中に入り込み毛穴を塞いでしまいます。

皮脂が詰まっただけでも抜け毛の原因になるのに、その上に薬剤まで入り込んでしまえば細胞は悲鳴をあげます。

新しい髪を作ってもよい髪に育つわけはありません。
少しの負担だけでも抜けてしまうような髪に育ってしまいます。

せっかくの黒くて健康な髪をわざわざ自分で壊していくカラーリングの流行が早くおさまればいいと思うのですが、白髪の場合にはそうはいかないです。

白髪は女性にとっては大きな悩みになります。
年齢がある程度であれば、少しくらいの白髪でも気にならないかもしれませんが、最近多いのが若年層の白髪です。
早ければ20代でも染めたほうがいいと感じるような人もいます。

白髪染めも仕組みは、カラーリングと同じでキューティクルを剥がして色素成分を無理矢理に封じ込めるのです。
黒い色味のほうがブリーチ力が弱いので「黒系」にすればいいのですが、やはりここでも明るい系の色が人気なために白髪を染めるときにブリーチによる負担まで加わってしまいます。

これでは、髪にも頭皮にもよいわけはありません。
キューティクルを剥がさずに髪に色をつけられるようなものがあれば、髪を薬剤で染めるよりは安全です。

関連サイト

「ヘアマニキュアタイプの白髪染め」は髪が傷まないというメリットはありますが、今までのヘアカラーでは想像以上に染まらなというのが、多くの人の感想です。

ルプルプシリーズの「白髪用ヘアカラートリートメント」の保湿力が注目されています。
ケンミンSHOWで紹介された話題の成分「籠目昆布 (がごめ昆布)」が配合された、髪を傷めない白髪用ヘアカラートリートメントです。

ガゴメ昆布の洗浄や加工に携わる女性の手がとても美しいことに注目され、研究の結果、ガゴメ昆布には保湿力が非常に高いネバネバ成分「フコダイン」を豊富に含んでいるので、ヘアカラートリートメントにも最適であることが認められたのです。

PHが高いのはアルカリ性が強くなり、確かに染まりやすいのですが反面、髪と頭皮にダメージを与えるというデメリットがあります。
ルプルプ白髪用ヘアカラートリートメントは髪と頭皮にダメージを与えずに、しっかり染まるのがPH8の微アルカリ性という特徴を持っています。

LPLP白髪用ヘアカラートリートメント

このサイトでLPLPシリーズのメイン商品である「LPLP白髪用ヘアカラートリートメント」の特徴を詳細に解説しています。